fc2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

電気男

粋でいなせで艶っぽい(嘘)


Category: 日記   Tags: ---

下戸型ロボットを全滅にまで追い込んだラーメン

三年前に芝居の本番(どの日かは忘れました)終わって
帰宅の途中、六角橋で飲み
飲んだらラーメンでしょ?ってことで
視界に入った飯店系のラーメン屋へ
そこはヨイチクレ達のために深夜営業で
みそ、醤油、バター、とんこつ、と
ラーメンにもバリエーションがある。
お芝居では初来日だったのでいつもより大人数での移動、
至る所から(といっても福岡、広島、東京)集まった面子で
喰う寝る遊ぶなんですが

そのラーメン屋に寄った面子は5人全員九州人。
他にもいろんなメニューはあったものの皆ラーメン。
わしと弟の様にかわいがっているあごの長いのは
「九州から来てとんこつなんておもしろくない」と言って、みそ
もう一人は無難ですよと、とんこつ
もう一人のジャニーさんは忘れましたが
今や母となった人が注文したのが

わかめラーメン

、、、、それどこラーメン?と
ざわざわ(りすぺくつーカイジ)しながら待っていました。
早速、わかめ以外のラーメンがやってきてズビズバー
二口食べてみそ組が首をかしげる。
「どさんこ(ラーメン)で鍛えたがこれはなんじゃ?」(広島弁)
「兄さん、これはなかなかきてますよ」(関西弁)
とみそ組。それでも食べる。

黙々と食べるジャニーさんととんこつを注文した組。
弟が「とんこつ一口くれ」ととんこつ奪取
見た目は棒ラーメン系、味もそれに近かったが
長年の慣れやらなんやらで美味いと感じた。
やはり九州人じゃなーと痛感。あげく、弟は
自分のみそに残った面をとんこつにつけ麺開始(恥)
そんな中、すっかりわかめを忘れていて
(座った席はわしの隣)のわかめをのぞくと全然減ってない。
残飯処理班であるわしは
ーどした奥さん、お腹いっぱい?と聞くと
「、、、、、おいしくない」とぽつり

見た目、関東では珍しい透き通ったスープ
ちぢれ麺
わかめ、かまぼこ、タマネギスライス(だったはず)
恐らく塩ラーメン、、、、、、、

そこからである。下戸食いしん坊77の試練に耐えた(誇張)
男どもが一口でノックアウトされ続け
「兄さん、これきっついですわ」
「みためからして、、ですよね」
「YOU早く食べちゃいなよ」と一口食べて戦線を退いた戦士達。
わしは片付ける気満々だったんですが完敗。
そこまで食べたんなら完食しなさいよって量が残ったまま家に帰宅。
帰宅後、つちのこでも見たかの様に大騒ぎ。

それ以来、まともに営業中にありつけずこんにちに至る、、、
それが昨夜


←to be continued

BGM:「君はエプロン僕はパンタロン」/魁 明和電機

近所のラーメン屋でメニューにあったので
注文したら
なんてこたーない地元九州ですから当然とんこつで
とってもおいしゅうございました。

といった日記(ちゃん、ちゃん)


ある意味トラウマ軽減
スポンサーサイト



Comment: 0   Trackback: 0

12 06 ,2006  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top