1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

電気男

粋でいなせで艶っぽい(嘘)


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: 仕事   Tags: ---

ライブモーション2006

もっと早くにピンスポ人員として呼ばれ
もっと早く宣伝しとけばよかった。
そんなライブでした。

感想としては
毎度毎度の休憩前に登場する、
結成されて間もないらしい新人バンドがすげい!の一言。

特にわしの心を鷲掴みだったのは

シタール

ではなくて

シタール
おしい

シタール
です。
おいくらぐらいなんですか?
レーシーブ様買いませんか?(あわよくばさわりたいから)
キカイダーみたいに背中に背負いたいです。
もしかしたらインドカレー屋さんに背負っていくと割引とかあったりして、、

どんな音色かというと(まぁ大体想像つくでしょうが)
「風の谷のナウシカ」で序盤
ナウシカがオームの抜け殻を見つけたシーンのBGMみたいな音です。

んで
livem2006.jpg

目の前のコードがちょうどピンスポの邪魔になりちょいと谷本さんの顔に
陰りができてわし的には許せなかったんですが


あ、そんなことどうでもいいんです。
なんてゆうか、久々に世界旅行したくなりました。
と、言っても実際出かける時間もお金もないんで音楽でです。
4,5年前にきっかけは小倉駅のしんせい堂(字を忘れた)にて
あの頃かなりワールドミュージックが豊富だったんです。
残念ながら現在はJAZZ一色なんですが
当時は(恐らく企画して入荷した)コーナー担当の店員と仲良くなって
「世界の民族音楽集」の非売品CDなんかもらったりしました。
結局インドのアレとアルゼンチンのアレに行き着き、
そのままそれぞれのMix系を聞くといういつも道理なオチでしたが、、、
どこぞの大学で馬鹿やってた後期は
かなりこのCD達が活躍し、スケールだけはでかいぞみたいな?
でも誰一人気づかないみたいな?ってなオチ。
つい最近博多駅の隣、バスセンターの新星堂(←でしたっけ?)が
未だちゃんとコーナー残っていたので
今度じっくり探してみようかと思います。

話戻しますが
わしはてっきりケイトミュージック流れのライブだったので
プチミステリアスとか
ヒトリ・デモ・ファンダンゴス(スはいらないんじゃね?)と
おもしろいことやってくれる参加者いないかな=と思ってました。
まぁ何にせよ小屋入り~バラシまで
チャチャっと(not 手抜き)やれたライブ=演奏聞けて楽しめた
いい感じなサンデーナイトフィーバーでした。

みなさんお疲れさまでした!


←to be continued

BGM:「ファムファタール~妖婦」/野生の思考

若林忠宏氏は
浜村通信氏とそっくり
スポンサーサイト

Comment: 6   Trackback: 3

12 04 ,2006  Edit


Back to top



Trackbacks

シタールシタールは、北インド発祥の弦楽器。民族楽器の一つ。シタールという言葉の語源はペルシア語のセタール(三弦)とされている。伝統的なシタールは19弦で、棹は長さが約90cmで約20個の金属製のフレットが結びつけられている。フレットの上には約7本の金属製の演奏弦
音楽は スクウインデル・シン(歌)他映画出演 アジャイ・デーヴガンカリーナ・カプール、サイフ・アリー・カーン他CONTENTS1. OMKARA2. O SAATHI RE3. BEEDI4. JAG JA5. NAMAK6. NAINA7. LAAKAD8. THE TRAGEDIE OF OMKARA9. BEEDI REMIX10. OMKARA REMIX11. BKCKGROUND B
ファム・ファタールファム・ファタール(仏Femme fatale)#「運命の女」の意味。ファム・ファタルとも。#2002年公開のアメリカ映画。監督・脚本ブライアン・デ・パルマ

Comments

ふふふふふッ★
ランランッランララランッランッランッ
ランランッラーラララーンッ.゚

出てきちゃダメーッ!!

ランランッランララランッランッランッ
ランッララララランッランッラーン.゚
その食いつき方尊敬します。

それが音楽によい栄養だと思うのです。
ダディには
1回くらい着替えて欲しかった気もするが。

シタールさわるなら第4月曜(たぶん)にケイトミュージックへ。
お色直し??

小倉井筒屋前の三味線と
ケイトでのシタール

この街の気になる楽器がまた増えたよ。

あ、お疲れさま~
うちにたしかシタールで演奏された曲ばかり入ったCDがあったような。今の曲演奏してるやつね。
お、旬!
どんな曲やってるんですか?
もしかしてJ-POP?

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。