fc2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

電気男

粋でいなせで艶っぽい(嘘)


Category: 日記   Tags: ---

不謹慎かもしれませんが

岡田真澄さんがお亡くなりなった今、
「ワーズワースの庭で」(もしくは冒険)
がDVDでレンタル始めちゃったりするところまでいかないだろうか。

個人的にこの番組(フジの日曜深夜番組、、だったかな)の
岡田真澄さんのナレーションが大好きで、
しかもたまーに本人がミステリーハンターみたいな感じで
出演していた時もあり、同番組のナレだった近藤サトさんより断然格上でした。
小学生時代、毎週木曜日に「みなさんのおかげです」を録画。
金曜日、学校から帰ってから見る生活。かなり洗脳せれました。
そんなファンファン大佐イメージだったので、
ものすごく好きになったのです。(多彩だ!みたいな感動)

この番組の影響で、
教育番組で放送していたソリトンSIDE Bのコーナーの一つだった、
ドリアン助川がナレの、
一人の男性が一晩中歩いたり、
旅行したり、
たまの休日に何をするか、みたいなのが風景のみで作られたVTR
でできていたのが大好きで、
初めて見た緒川たまきに一目惚れしたのはまぁ置いといて
わたせせいぞうの「チョーク色のピープル」や
「ハートカクテル」を好んで見ていたのもワーズワースの影響だったのかもしれません。

ほんと、最近そこまで見てないからなんとも言えないとはいえ、
深夜も沢山の芸人がでてくる番組だらけで、正直疲れます。
普通の時間帯だといかにも「癒し」を前面に、
あるいは自然を前面にだして、癒してあげますみたいな冒頭から
考えさせられる内容になるものばかり、

なんかテレビがまったりしているような番組を久々に見たいです。
なんていうんでしょうか、、
30分~1時間ずっと世界の車窓からみたいな?
電車の音、その国の音、しれっとかかっている音(BGM)
現地の人とそんなにしゃべらず、
情報はブラウン管に映るものから読む。
はぁ、、久々にみたいですね。

随分と前の若松~折尾散歩もそうですが
一人でふらっとするのが好きなのは
その辺の影響からなのかと思うわけです。
音楽聞きながら、、ね。

非公式らしいですが
http://www.geocities.jp/gardenofwordsworth/enter


←to be continued

BGM:「シャ・リオン」/「ワーズワースの冒険」~シャ・リオン
スポンサーサイト



Comment: 6   Trackback: 0

06 01 ,2006  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

私も大好きだったぁワーズワース。
最近はTVつけると疲れちゃって。
つっても癖で帰るとすぐ点けちゃうんやけど。
TV消すと時間がゆったり流れる感じがします。

NHKの世界の天気予報がなぜか好きです。
色んな妄想できるからね。
友達のPC(Win)から久々にブログ拝見しました。しばらく見ないうちにテンプまで変わって・・・ほんとご無沙汰しております。でもMac好きなんです。

なんかサブタイトルに私の名前が!目の錯覚では無い!お恥ずかしい限りです。

今度は何とか自分のMacちゃんから遊びに来たいと思います~でわでわ
「チョーク色のピープル」うわ懐かしい。
ネタで使ったなあ。
岡田真澄さん、大好きだった。
高校生になったばかりの頃に「好きなタイプは?」って聞かれて「岡田真澄さん」と答えた私は、友人に冷ややかな目で見られました。
「世界の車窓から」みるとほっとする。あと「美の巨人たち」も好き。チャンネル変えててたまたま遭遇したら、そのまま見入る。
旅マンだな。行っとくか?
ういうい
>はすさん
明日の香港はれなんだぁ、、、
とかですか?
やっぱNHKってどっかでひっかかる番組ありますよね。

>サクサクサクサク
はははははははは(コメントに対する返答)
mixi遊びだしたね。いい感じでコミュニティがかぶっててなんか嬉しいよ。
管理人になるといろいろ大変だからお互いがんばろうね。

>(肉)
いまだ、きたがわ翔とわたせせいぞうは
youに馬鹿にされてもいいかえせない領域。
あーでも近年のきたがわ全然読んでないな。
今どっかで刑事モノやってるよね?

>yoomijane-
いいね~。ながれいし姉。
わしは断然「日曜美術館」より「美の巨人たち」!

そんなひどいジャンルでもない好みの選択で
完全否定されることほどつらい事はないよね。

>ぱんだーさん
旅マン行きましょう!
あのルールにのっとって!

Leave a Comment

Back to top