FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

電気男

粋でいなせで艶っぽい(嘘)


Category: 日記   Tags: ---

こんなわしでも Ⅰ

昨日「風の橋」(うちの近所にある風車、その周辺の住所)にて
倒れ、うなされるじいさんと遭遇。コマンド?
これがまた尋常ではなかった。見たところウォーキングorランニング
ヤホーヤホーってところを何か病魔に襲われた感じで
かなり苦しそうだった。わしは超ド勘違いをしていて
携帯電話からパトカー、消防車、
そして肝心の救急車は呼べないと思っているので

あたりを見渡す。(市内局番つけるとOKでしたっけ?)
パーキングにいた警備員さんに話し、わしはしばらく爺さんの横に。
爺さんっ子ではないがじいさん大好きなのでしばらく話しかける。
わし「大丈夫でっかー?」
じいさん「うー、うー」
わし「救急車がもうすぐ来ると思いますー」
じいさん「、、呼ばんでいい、、」
わし「でもかなり苦しそうですよ」
じいさん「それより手をとって(つかんで)くれ」

その瞬間、じいさんの片手がその姿勢上、見当たらないことに気がつく。
たまにここの日記でネタになる我が街は目立つところで誰が苦しんでいようが
おかまいなしな街であり、その理由として大半が酔っ払いや、、な奴との
エンカウント率が非常に高いからである。
もし、、手をつかんだ瞬間、見えない方の手にナイフとかもってたり、、
と頭をよぎったが、そん時は爺さんに本当の冥途喫茶へ逝ってもらおうとした。
んが、どこのだれやねん風に会社員二名到着。(男性)
片方が爺さん、片方がわしにと、タッグマッチに。
大声で「救急車呼びますからどこが痛いのか言ってください!」

ん?まだ呼んでなかったの?するとわしの相手が
「病状わからないと何準備していいかわからないから救急の方も来れないんですよ」
へ~、、大変ためになりました。苦しむだけじゃ来てくれないんですね。
感謝状(ここの日記のためのネタ状ともいう)を考えていたら
「もう結構ですよ。あとはこちらがやりますから。ありがとうございました」
あれ?いいの?ちぇっ。

男性「呼びます」
爺さん「呼ばんでいい」を繰り返しているその場を後にした。

軽く心配。


←TO BE CONTINUED

BGM:「NICE AGE」/WORLD TOUR 1980

実はあの爺さん、実年齢は18歳で
秘密結社で改造やら人体実験が未完成のまま脱走。
逃走中に苦しくなったところでわしに出会う。
警備員に言ったのに来たのはスーツ姿の二人組み。
適当にわしを追い払って爺さんを回収、、


しないかなーと小倉城付近で思いにふける。
スポンサーサイト



Comment: 2   Trackback: 0

10 14 ,2005  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

 大学時代に乗り合わせた電車に頭部を怪我。流血して苦しんでいるイラン人に遭遇。たまたま降りる駅が同じだったため、つきそって病院まで。
 その後、駅周辺でたむろしている大量の不良イラン人の間でワタシ、恩人として友人としてとても親しくされる。テレカとかもらう。XXXもらう。○○○断る。
○○○ってやっぱり、、、
ドラッ、、、、

Leave a Comment

Back to top